スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

阿波おどりの鳴り物

 2010-06-26
徳島阿波おどりでは、お囃子楽器のことを
“鳴り物”といいます。
その鳴り物が奏でるお囃子(曲)が
おじさんは好きです。

聴いていて飽きない
ひょっとしてすずめ踊りのお囃子より
飽きないかもしれない。
なぜだろう?

ということで、
『 阿波おどりの曲について考えてみよう!パフパフ!』

まず、すずめとのい違いは笛
あっちは六本調子、すずめは八本調子
ということは阿波の方が一音低い
昔から日本のお囃子や民謡で使われているのは
六本調子がほとんどで、『六本は人の声の域』
とされているらしく
だから聴いていて疲れないのか。

次に太鼓
阿波は2尺の平太鼓がメイン
肩掛けで両肩にしょって太鼓を縦にかまえて
両サイドからずしんずしん叩く
すずめは大太鼓といってもせいぜい尺六?尺七の桶胴
音の重量感が違う。

鉦はサイズが大きく、伸びのある音できらびやかさの中に
ゆったり感がある。

また、阿波は2拍子で本編1コーラスが25小節に対して
すずめは2拍子計算で45小節。

踊りでみても阿波はゆったりしているんだよね!

今日はぶつぶつひとり言でした。




スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
MENU・カテゴリ
復興を目指して
            

最近の記事一覧
最近のコメント
月別アーカイブ
記事から探す

全記事表示リンク
最新トラックバック

リンク
ブロとも申請
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。