スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

楽器屋の店員さん

 2009-12-15
   ブログをはじめました!

   最初のテーマは本業からということで

   音づくりを仕事に選んだ原点を振り返ってみました。


   中学生からギターをはじめて

   高校、大学に進むにつれ、色んな楽器にのめり込みました。

   エレクトーン、琴(・・。)ゞ、ベースギター、ピアノ(キーボード)

   ドラムス、エレキギター、、、、、。


   家にあったもの、学校でつかえるものは別として

   自分で購入できる楽器はせいぜいギター類です。

   でも所詮学生でお金がない。

   週に一度は楽器屋さんに足を運んで

   高嶺の花を眺めては『いいなぁ~、でも買えないなぁ~』

   の日々。あこがれのミュージシャンの使うギターは30万

   自分が買えるのは頑張っても 5~6万、、、、、、。


   でもね、そんな純な音楽Boyをいろいろな意味で

   手助けしてくれたのが店員さんなんだよね!

   店に通えば通うほど仲良くなって、いいアドバイスを

   いっぱいくれた(>_<)


   『どんな音楽(曲)をやってるの?』

   『どんな音が欲しいの?』

   『いくら位の予算なの?』

   『それだったらコレで充分だよ!』

   『高くて本物であればイイというもんじゃない』

   『使う人の意識とレベルがマッチする楽器が一番いいよ!』

   etc. . . . .。


   やっぱり楽器屋さんってそうだよなぁ~って思う。

   買ってくれたお客さんがそれをどんな音楽に使うのか

   そのジャンルを幅広く知っていること

   そしてそのお客さんの力量をちゃんと判断して

   適切な見定めをしてやること

   これ、とっても大切。


   和太鼓は伝統的なものではあるけど

   その分普通の楽器とちがって一般的に相場がわからないし

   なにを選んだらいいのかもわからない。


   それをちゃんと解決してやって

   その人にぴったりマッチするような太鼓(その他)を

   提供したい! 楽器屋さんとして。


   これが原点です。







≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
MENU・カテゴリ
復興を目指して
            

最近の記事一覧
最近のコメント
月別アーカイブ
記事から探す

全記事表示リンク
最新トラックバック

リンク
ブロとも申請
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。